家族葬

家族葬は最近良く
耳にする言葉にもなってきましたが、
一体どのようなものなのでしょうか。



ご家族が亡くなられた際には
必ず葬儀を行なうと思います。



一般的には故人を偲ぶもので
大勢で行なわれてきたのですが、

ここ近年では家族や親族、
それに加えてごく親しい友人等だけで行なう、
小規模のお葬式を家族葬と呼んでいます。



家族葬は最少人数は家族のみで行なう場合、
2,3名のみで行われる事もあり、

親しい友人等までを含んで
約30名程度で行なわれているようです。



ご家族が亡くなられた悲しみもありますが、
葬儀の準備等は必ず行なっていかなければなりません。



家族葬ではそういった葬儀の準備や、
周囲への対応等に追われる事が無く、

故人との最後のお別れの時間を
過ごす事が出来るのが
最大の特徴なのではないでしょうか。



家族葬と言っても様々なスタイルがあり、
もちろん宗派等もありますが、

無宗教で行なわれたり、
故人が生前に葬儀を好まない事を
告げていた際には、

小規模のお別れ会だけを
行なったケースもあるそうです。



今や時代は葬儀に対しても、
昔からの形式にこだわる事が
無くなってきたのかもしれませんね。


スポンサード リンク

家族葬と葬儀費用

家族葬の葬儀費用は
一体どのくらい必要なのでしょうか。



お葬式の全国平均額は231万円となっており、
多くのご家庭が生命保険をかけている保険金額相当です。



しかし家族葬では、
一般の葬儀に比べて規模が小さいので
そこまでは費用はかからないようです。



これについても一概にどれだけが
必要だとは言えないところもあるのですが、

一般の葬儀よりも費用を抑えられる事は
間違いありません。



ちなみに火葬のみで約30万円程度、
親しい友人を含めた30数名程度で
150万円くらいになってくると思います。



家族葬でももちろん、
一般的な葬儀と同様の準備が

必要にはなってきますので、
葬儀社等に相談をしてみましょう。



ちなみに葬儀費用は
3日精算が基本となっていますので、
生命保険の保険金を待っている時間は取れません。



ある程度の頭金があれば、
後日精算も可能ではありますが、
その点にも注意して費用を準備しておきましょう。



家族葬は費用を抑えた
安価な葬儀との認識をされている方も
いらっしゃるようですが、

本当に大切なのは費用をかけた盛大な葬儀ではなく、
故人を偲ぶ心であると思っています。


スポンサード リンク

家族葬の葬儀費用は一体どのくらい必要なのでしょうか。
家族葬でももちろん、一般的な葬儀と同様の準備が必要になってきます。