水引の表書き

水引の表書きですが、
家族葬では香典の類を受け取らない傾向に
ありますので必要はないかもしれませんが、

一般の葬儀の場合には香典を持参する事が
マナーとなっている事もありますので
ご紹介しておきます。



なかなか水引を書く機会も少ないと思いますし、
水引を書くときは殆どが急な事ですので、
いつも悩んでしまう方が多いようです。



水引の表書きですが、
仏事の場合には黒白の水引を用意します。



表書き上部に「御霊前」
あるいは「御香典」と書きます。



また宗派が真宗であると事前に
分かっている場合においては
「御仏前」と書きます。



神式の場合においては、
水引は銀色の水引を準備します。



水引の表書きには
上部に「御玉串料」あるいは
「御榊料」と記入します。



あるいは「御神前」や
「御花料」でも構いません。



しかしこれらは一般的なものであり、
地方の風習や習慣によっては
作法等が異なる場合もありますので、

もし心配な点があれば
事前に確認をしておきましょう。



比較的年配の方々にとっては、
ごく当たり前の事かもしれませんが、

社会人になり立ての方などは
迷ってしまうことではないでしょうか。



失礼に当たる事がないよう、
葬儀のマナーとして覚えておきましょう。


スポンサード リンク

家族葬の葬儀費用は一体どのくらい必要なのでしょうか。
家族葬でももちろん、一般的な葬儀と同様の準備が必要になってきます。