家族葬の通知

家族葬の通知ですが、
一般の葬儀の通知とは違って、

家族葬の場合には葬儀後の
挨拶状が届くことになります。



例文としましては、
「葬儀は近親者にて行ないました。」
等の通知が来て、

殆どの方が始めてその時に、
友人や知人が亡くなった事を
告げられる事になります。



一般的には訃報の連絡が
電話なり通知なりで入るので、

葬儀の日時と場所を確認して、
葬儀に参列するのですが、

突然に家族葬の終了報告が来てしまうと、
一体どうしたらよいかと
悩んでしまうのではないでしょうか。



今までにも疎遠になっていた知人であれば、
そこまでも慌てる事も無いのかもしれませんが、

ご近所であったり、あるいは親しい間柄で
あったりすると非常に困惑してしまいます。



真っ先に思いつくのが香典を持って行ったり、
郵送しようと考えるのではないでしょうか。



しかし案内状をよく見返しておきましょう。



家族葬の通知の殆どが
香典やお供えものは辞退する旨が
書かれていると思います。



その場合にはお悔やみの連絡や
お手紙のみに留めておきましょう。



なかには故人に対して手を合わせないと
気がすまない方もいらっしゃるはずです。



その場合には、葬儀直後の慌しい時期を避けて、
故人のご家族へ事前に連絡を入れて
伺いたい旨を伝えておきましょう。



その際にはお悔やみをのべて、
線香を上げるようにしましょう。


スポンサード リンク

家族葬の葬儀費用は一体どのくらい必要なのでしょうか。
家族葬でももちろん、一般的な葬儀と同様の準備が必要になってきます。